相談内容:ヘルスで盗撮の罰金として支払った10万円を取り返したい

※個人情報保護のため、ご相談内容の一部を変更しております。

先日ファッションヘルスを利用しました。以前から何度か指名している女性なので気心が知れていることから少し気が大きくなってしまったのと、この後しばらく風俗を利用することができなくなることから、恥ずかしながら行為を撮影して保存しておきたいと考えました。そのため、小型カメラを購入してカバンに入れ、ばれないように店舗に持って行きました。

いつものように女性と雑談をしながらわからないようにカバンを置きましたが、カバンの口が開いていることを不審に思ったようで女性から「カバン開いてるよ」と言われてしまいました。ただ、この女性になら大丈夫なのではないかという甘えが生じてしまい、「これはなんでもない、大丈夫」とカバンのことはそのまま流してサービスを受けました。

女性はその後特に怪しんだ素振りもなかったため、ばれていないと思っていましたが、行為が終わった後で「お店の人呼ぶから待ってて」と外に出て行きました。すると、数分して男性が個室に入ってきて、「女性スタッフが盗撮されたのではないかと言っているんですが、念のためカバンを見せてもらっていいですか」と言われ、盗撮していたことがばれてしまいました。

男性はカメラを見つけて「盗撮してますよね?盗撮は規約違反ですがどういうつもりですか?」とやや強めの口調で言ってきたため、とにかく謝罪し、「データも消去してくださって結構です」と伝えました。データさえ消去すればそれで終わりかと思っていたのですが、その後免許証のコピーを取られ、「この念書にサインして罰金を支払ってください」と言われました。

参考:デリヘルの盗撮画像を消したのに罰金請求は腑に落ちません【実例】

罰金は10万円とかなり高額でしたが、「女性が動揺して向こうで泣いてしまっている」「今回のことは罰金を支払って終わりにする」「警察にはいかないから安心しろ」と言われ、盗撮をしてしまった負い目もあり、後日振り込むことも合わせて念書に記載してサインをしました。自分としては早くこの件を終わりにしたかったので、次の日通勤途中に20万円を支払いました。しかし、その後いろいろとネットで調べたところ、風俗に罰金を支払う必要はないということが書かれていました。

参考:風俗での盗撮バレは犯罪になる?警察の逮捕実例を交えて解説!!

参考:デリヘル盗撮で警察に行くと言われ次々と金銭要求されました【実例】

今回支払った金額は10万円とかなり高額です。支払う必要がなかったのであれば取り戻したいと考えているのですが、一度支払ってしまったお金を取り戻すことはできますか?

解決内容:ヘルス店から罰金を取り返すことを諦めることを提案

今回は電話での相談でしたが、最終的には受任に至りませんでした。

基本的に、一度支払ってしまったお金を取り戻すことは不可能ではありません。しかしケースによってはやはり簡単ではありません。なぜなら、法的に根拠がないことが明らかな場合でも、一度受け取ってしまっていることから風俗店が強固な手段に出ることも予想されるからです。

参考:風俗での盗撮は罰金を払う法的義務は一切なし!【弁護士が断言】

弁護士が間に入ってヘルス店と交渉することはもちろん可能ですが、交渉期間が長くなる可能性や裁判上で争うことになる可能性を相談者に伝え、費用対効果を考えて今回はお金を取り返すことは諦める選択肢を提案しました。

確かに今回のケースであれば、弁護士の交渉によってうまく取り返すことができたとしても弁護士費用などを考えるとあまり実益がないケースでした。

しかし、ケースによっては数十万円という高額な罰金を支払ってしまっているケースもあります。また、相手側の出方によってはすでに支払っているお金であっても取り戻すことが難しくない場合もあります。

風俗での盗撮の罰金として一旦支払ってしまったお金を取り戻せるかどうかについては、ケースバイケースになりますので、とにかく一度当弁護士事務所にご相談いただくことをお勧めしています。

また、今回のケースではヘルス店との間で盗撮について示談書にサインをしていますが、示談書の内容そのものに納得いかない、一方的に非を認めさせられたというケースも後を絶ちません。示談書の効力を無効にしたいといった相談も承っていますので、とにかく一度相談いただくことが解決への近道です。

参考:風俗で盗撮がばれた時の【後悔しないための】正しい示談の結び方

参考:デリヘルの盗撮で一度結んだ示談を取り消すことができました【実例】

参考:デリヘルの盗撮は示談金で解決するほど甘くはなかった【実例】